「雲」のコレクターズ・ガイド

感想など

「雲」の楽しみ方』を読んでいて、もっとカラーで見やすい雲の写真があればなあと思っていた。きっと他の読者も同じだったに違いない。同じ著者と翻訳者による、まさにほしかったそれが出ていた。

各ページにある写真が見事なのはもちろんだが、どこかユーモラスな文章と翻訳も『「雲」の楽しみ方』となんら変わらずグッド。写真はすべて「雲を愛でる会」の会員が撮影したもの。ページをめくっていてと、こんな写真を私も撮ってみたいと思った。

面白いのは、ページごとにその雲や現象に発見の難易度に応じて、得点が設定されているところ。条件付でボーナス得点もあったりする。ゲーム感覚であれこれ見つけてみようという気になるかもしれない。自分が見たものが思わぬ高得点だとうれしくなる。

最高得点はケルビン・ヘルムホルツ波雲の55点。

浜辺に寄せて砕ける巨大な波の形をしたこの雲はとてもめずらしく、しかもあっという間に消えてしまうから、雲コレクターには垂涎の的だ。鋭い観察眼と目には見えない幸運とを併せもつクラウドウォッチャーだけが発見できるお宝なのである。

ふっふっふっふ。私は見たのだよ、ケルビン・ヘルムホルツ波雲を。今年の9月30日に。あれ、なんか本で見たよな、確かめずらしかったよなと、本物を見て写真を撮ったときは軽く思った程度だったのだが、改めてこの本で上の文章を読んでから、喜びがこみ上げてきたよ。確かに幸運だったね。ビギナーズラックともいうか。

というわけで、雲を見る楽しみが深まる一冊。

購入・各種データ

画像は楽天ブックス、文字はアマゾンにリンクを張ってあります。

画像も文字もアマゾンにリンクを張ってあります。

「雲」のコレクターズ・ガイド

混沌の間>混沌の書棚>「雲」のコレクターズガイド

初回更新:2012-11-30 (金) 18:06:00
最終更新:2012-11-30 (金) 18:06:00
a:964 t:1 y:0