コーチング―言葉と信念の魔術

感想など

采配』を読んでとても良かったので、前作も読んでみようと思い、図書館で予約。けっこう待った。

落合が現役を引退して、監督になる前の著作というのは、本を読み始めてからはじめて知った。

このころから今に至るまで、落合の考え方の軸はぶれていないし、本当にこの人はよく考えて、練習に励んで、そして、結果を出してきたのだなというのがよくわかる。

ジャンルとしてはスポーツというよりビジネス書という感じだが、読んで損することはまずないと思う。落合の誠実さが私は好きだ。

購入・各種データ

画像も文字もアマゾンにリンクを張ってあります。

コーチング―言葉と信念の魔術

混沌の書棚>スポーツ>コーチング―言葉と信念の魔術

初回更新:2012-07-13 (金) 11:41:25
最終更新:2012-07-13 (金) 12:04:29
a:918 t:1 y:0