ハエ目(双翅目)について

平たく言うと、ハエ・カ・アブの仲間。大体一般的なイメージでは不快なやつが多いグループ。アブあたりは誤解に満ちていると思うが。ハエ・カ・アブといったが、科別に見ると圧倒的に多いのはガガンボ(大蚊)。漢字で大きい蚊と書くが、別に刺さないので無害。あとは見た目の問題だ。

昆虫の翅は2対4枚だが、ハエ目は1対2枚。だから双翅目。いいネーミングだね。残りの2枚の翅はコンパクトになり平均棍というものに変化している(一般には退化してというが、どう考えても進化だろ。まあ、退化そのものも進化だが)。それでハエなどはアクロバット飛行が可能になったようである。

触角が長いか短いかで大きく2つのグループに分かれる。

カ亜目(糸角亜目、長角亜目)

ガガンボ下目

  • ガガンボ科
    • マドガガンボ

アミカ下目

クチキカ下目

ケバエ下目

チョウバエ下目

コシボソガガンボ下目

カ下目

カ上科

ユスリカ上科

ハエ亜目(短角亜目)

直縫短角群

アブ下目

ムシヒキアブ下目

オドリバエ下目

環縫短角群

ハエ下目

無額嚢節(不裂額節)

ハナアブ上科

額嚢節
無弁翅亜節(無弁亜節)

ミバエ上科

弁翅亜節(有弁亜節)

イエバエ上科


混沌の間>生物の分類>動物界>節足動物門>六脚亜門>外顎綱昆虫綱)>双丘亜綱>ハエ目

初回更新:2012-04-20 (金) 15:21:07
最終更新:2017-08-14 (月) 00:11:28
a:1285 t:1 y:2