動物界について

言わずもがなの動物。ただし、動物というと狭い意味で暗に哺乳類をさすことが多いだろう。哺乳類というものがいかにごく一部であるかというのは、以下にずらりと並んだ門を見れば一目瞭然。もっとも、陸上に上がることができた門がほんの一部であることもまた事実。

有機物を自前で生産できず、加工しかできないので、必要な分は他者から略奪する。それを「食べる」という。効率よく「食う」ために自ら動く。また、自らが食べられないようにも動く。適切に動くために感覚器官があり、運動器官がある。それを統率する神経がある。体のつくりは1mmに満たない虫でも複雑さの極みであり、それゆえ興味は尽きない。

有機物の)「消費者」とも呼ばれる。

門・亜門

脊索動物門

  • 尾索動物亜門
  • 頭索動物亜門
  • 脊椎動物亜門…いわゆるセキツイ動物はここ

節足動物門

  • 鋏角亜門…蜘蛛など
  • 皆脚亜門(ウミグモ亜門)
  • 甲殻亜門…エビ、カニの仲間
  • 多足亜門…ムカデ、ヤスデの仲間
  • 六脚亜門…昆虫の仲間

環形動物門

蚯蚓(ミミズ)、蛭など

扁形動物門

プラナリア、コウガイビルなど

軟体動物門

  • 双神経亜門
  • 貝類亜門…貝、カタツムリ、烏賊、蛸など

平板動物門

海綿動物門

刺胞動物門

有櫛動物門

中生動物門

紐形動物門

顎口動物門

腹毛動物門

輪形動物門

勤吻動物門

胴甲動物門

鈎頭動物門

線形動物門

類線形動物門

内肛動物門(歯形動物門)

有輪動物門

賠曳動物門

ユムシ動物門

星口動物門

緩歩動物門

有爪動物門

舌形動物門

外肛動物門

毛顎動物門

有産動物門

等虫動物門

腕足動物門

鰊皮動物門

半索動物門

参考文献

日高敏隆監修『日本動物大百科-別巻 動物分類名索引』,平凡社


混沌の間>生物の分類>動物界

初回更新:2011-08-30 (火) 14:35:19
最終更新:2017-08-13 (日) 22:47:54
a:1582 t:1 y:1