夫をお金持ちにする64の習慣

きっかけ

本書を知ったのはツイッター経由での以下のブログだ。

で、すぐこの本に飛びついたかというと、ふーんでおわった。しかし、それから何ヶ月からして自宅最寄駅前の本屋で実物をパラパラ立ち読みしてたら、これいいじゃん!ってことで、後日他の本といっしょに買うことにした。

感想など

タイトルからしても装丁からしても明らかだが、この本の読者として私は想定されていないだろう。それでも役に立つ。

この本に書かれている内容を自然に、もしくは楽しんでやれるようになれば、夫が金持ちになるかどうかは知らないが、間違いなく幸せな結婚生活が送れるだろう。それだけは間違いない。保証する。

もしもこの本の通りにやってもうまくいかないというのが本当ならば、私があなたと結婚しよう。未婚の方も歓迎。先着1名だけど。

読んでいて、ああ、それだよそれ、イラッときたり、カチンときたりするやつ。それをされるからムカッとするんだよというのがいくつかでてきた。確かにそれをやると男はキレルなあというのもいくつも出てきた。

そう、ほんのちょっとした心がけや心遣いで、それらはすべて防げる。素晴らしいヒント集になっている。とにかくこの通り奥さんにやってもらえたら、むちゃくちゃ大切にする。絶対だ。

読んでいて思ったのは、クミゴン(妻)はなかなかいい線いってるじゃないかということだ。読んだのはもう何ヶ月か前だが、今また振り返ると、結婚当初はできていなかったことが今はできるようになっているというのもある。クミゴン、いい妻じゃないかあ~。

それから、読んでいるとこれはミラーニューロンの働きなのか、あたかも自分がそれをされたように錯覚する。それで気分がよくなってしまうのだなあ。ああ、単純な私。

この本の最悪の使い方は、奥さんにプレゼントと称して渡し、この通りにやれ、コラ!とやってしまうことだろう。本屋のカバーはほとんどかけない私だが、この本だけはクミゴンに買ったことをばれないように今でもカバーをかけたままにしている。

女性が買う場合も(それが普通のはずだが)、パートナーには買ったことがばれないほうがいいだろう。さりげなくやるのがよい。ちなみに、そんなことをしてもすぐには結果は出ないし、男も簡単には変わらない。結果を焦ると確実に失敗するので、そういうことは本文にも書いてあるが、長い目で見る必要はある。手っ取り早いノウハウ集とは思わないほうがいい。

大体男というのは、プライドのためには命も投げ出せる生き物なので、そのプライドさえ傷つけず、大切にしてあげれば、大概のことはうまくいくものなのだ。その感覚はなかなか女の人にはわからないようなのだが、この本はその感覚を身につけるのに役立つだろう。

いやあ、この著者、ほんとに素敵な女性だと思いますよ。写真がないのが残念です。きっと素の顔は特に美人でもなく、普通なのだろうと私は予想している。でもきれいなんだよね。実はそれが一番魅力的なパターンなのだが。

私の経験からの予想を書いておくと、こういう本を読んでちゃんと活用する人は、すでに結婚生活や人生がそれなりにうまくいっていて、さらにうまくいってしまう人。こうして世の中、二極化に拍車がかかるのだなあ。素直に読めない人は読めないのだろうね。

そのときが来たら、私は、娘にこの本をプレゼントしようと思っている。

購入・各種データ

画像は楽天ブックス、文字はアマゾンにリンクを張ってあります。
売れてます!

夫をお金持ちにする64の習慣

混沌の間>混沌の書棚>夫をお金持ちにする64の習慣

初回更新:2013-02-21 (木) 11:36:37
最終更新:2015-07-16 (木) 01:14:21
a:3311 t:2 y:1