日々の記憶録

 自然観察を中心に日々の出来事を簡単につづっていきます。

2012年2月以後

最新の日々の記憶録の過去の記憶録からたどってください。

2012年1月

31日

今日は朝の富士山に昼の富士山に夕方の富士山。昼は出先で。日中は過ごしやすかったが、夕方から寒波?すさまじく寒くなった。図書館に行く前にK林に寄るが、何も収穫なし。

30日

久しぶりにB公園に出撃。お供はZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDヒノデ8x42-C2の最重量コンビ。小一時間。オカヨシガモを今さら見に行く。それっぽいのがいた。行く途中で新たな富士山スポット発掘。帰る途中、ウグイスが至近距離にいたのでマクロレンズのまま撮った。その前に蛾を撮った(シロフフユエダシャクのオスと判明)。

29日

引き続き寒いが、いい加減なれてきたか。今日の仕事は薄いほうのコートを着てみた。朝目覚めたときから雲があったようなのではなから富士山は見なかったが、出勤時にびっくり、見えたよぉ。しかもちょっと絵になるような感じで。ちょっと霞んで、雲もあって。撮りたかったなあ。

およそ12時間後に帰ってきたが、今度はまだ細めの月が西の空に浮かんでいた。木星に最も近づくのは明日あたりかな。帰宅後で5つの双眼鏡すべてで月を見比べてみた

28日

今日もまた寒い。昨日の朝は-3度台だったと新聞で知る。それより前、2度の地震で目が冷めた。また寝たけど。起きたのは9時過ぎだった。すでに富士山見えず。雲が多かった。帰り道、一日中日陰のところにはまだ雪や氷が残っていた。

27日

今日も寒い。この冬一番の冷え込みとか。富士山を撮りに屋上に出ると、霜が降りていた。バリバリ音を立てながらサンダルで歩く。空が白っぽく、富士山の撮影には向かない天候。庭には霜柱ができていて、バケツの水は凍っていた。

26日

寒い。屋上で富士山の写真を撮り、A2B2を比較してみる。夜にも星座を見つつ、比較してみた。その記事はB2のところに。

25日

富士山が見えた。真っ白!屋上だけでなく、ちょっと自転車でお出かけして、雪化粧の富士山を撮っちゃいました。

24日

朝はやはり道路に雪が少し残っていた。バスに乗ったら、見事に遅れている。バスの屋根からは小さな氷柱(つらら)ができているのが見えた。

23日

また雪でござる。夜何時ごろか知らないが、雨から変わった雪があっという間に積もった感じ。おかげで帰りの電車はやや遅れ気味。靴の中は1分も歩かずに浸水。明日の朝は、路上はアイスバーンだなあ。

22日

早朝から仕事で、帰宅はこれでも予定を切り上げ早帰りして、夕方に。いつもと違う経路で帰ってきたこともあり、駅前の遊歩道から富士山見えないかなと眺めていたら、見知らぬおばさんに夕焼けがきれいですねと話しかけられ、絶景スポットを教えてあげた。富士山が見えるときれいなんですけどねといえずにそのまま帰ったが、その途中、何と富士山近辺だけ晴れていて、見えることに気づく。日没やそのときの富士山の写真を久しぶりに撮った。

21日

今日は一日中雨。ちょっとやんだこともあったが、基本的にずうっと降ってたのかな。一日中仕事だったのでよくわからない。

20日

目覚めたらすでに雪が降っていた。庭やそこらにちょっとだけ積もっていた。帰ってきたのは24時直前。職場を出たときは降っていなかったが、電車を降りたときは霙(みぞれ)っぽくなっていた。家の近くの車のボンネットなどにはまだ雪が溶けずに残っていた。行きも帰りも電車のダイヤが乱れた。

19日

朝から雲多め。夜にはついに雨が降った。濡れて帰ってきた。職場の誰かが、これはそのうち雪になるんでしょう?と言っていた。

18日

寝坊気味に起床。もはや富士山はうっすらとしか見えなかった。ピントが合いそうにもないので撮らず。

17日

朝、晴れているが、白っぽい空だった。確認する余裕がなかったが富士山は見えなかっただろう。夜は晴れていたが、やはり星が見づらかった。その様子はヒノデ 6x30-B2の2日目のところにも書いた。

16日

どんより曇り。太陽の位置が雲越しに見えたり見えなかったり。ぐっすり寝たので、体調はほぼ大丈夫そう。さあ、今日もがんばりましょう。

15日

体が冷え切って、朝から体調が悪い。午後の仕事をなんとかこなす。『自分を超える法』がまだ書店に平積みになっているか確認してから別の本をちょっと立ち読みして帰る。アカボシゴマダラの蛹の抜け殻があったエノキの枝が切られていた。いつ抜け殻が風や雪などで枝から離れるかほぼ毎日チェックしていたのに残念。

14日

一日中仕事。朝は曇り気味で富士山も見えず。夜に月も見えなかった。夕方に金星を見て、夜に木星を見た。

13日

新聞によると、昨日がこの冬一番の冷え込みだったとか。絶対11日の方が寒かった。今朝は富士山の写真が撮れた。しかし、雪は予想に反して、去年の12月4日の方が多かった。

12日

楽しみにしていた富士山、9時半にはもう見えなくて残念。23時半ごろ、傾いてきたオリオン座に季節の移り変わりを感じる。クリスマスのころには真夜中にちょうど南中するのに。家に帰ってきてからは月の写真を撮る。

11日

朝起きたときはわからないが、11時過ぎにはすでに空は水蒸気でいっぱいで、晴れていたが富士山は見えなかった。夕方には非常に冷え込んでいた。帰りも尋常な寒さではなかった。この冬一番の冷え込み?明日の朝の富士山が楽しみだ。

10日

7時20分ごろ、富士山は見えたが、10時を過ぎたころにはもう見えなくなっていた。夜もほぼ満月だが、雲から透かして見える感じだった。

9日

前にバスから見た場所と同じ方角から富士山を撮った。SP-565UZを使ったのも半年ぶり。さらに駅前の高層ビルの最上階が公共スペースになっており、そこからも撮った。今度は一眼レフで撮ろう。

8日

図書館帰りに図書館の庭の木にいたカワラヒワを撮る。画像などは身のまわりの生き物観察 頭感のカワラヒワのページに。

7日

昨日とほぼ同じ。

6日

日の出前に目覚め、0時近くに帰宅。月を歩きながら眺めておしまいの一日。富士山すら見る余裕なく。すごい冷え込みと聞いていたが、そこまで寒くはなかった。

5日

仕事帰りに見たときは、月の欠け具合が少し月食で見たときのような感じだったが、家に帰ってきたときは、普通の欠け方になっていた。

4日

朝、富士山うっすらオレンジがかって見えた。写真撮りたかったが、その余裕なく。あれ、ピントが合いにくいよなあって思いながら通り過ぎた。

3日

特別業務で向かった駅のすぐ近くの交差点、バスから富士山が見えた。思わず車内で声を漏らした。今度必ず、あそこから写真を撮ろう。

2日

実家付近で富士山の写真を撮ろうと思って泊まったのに、夜明け前から曇りだあ。その後、10時近く、ちょっとだけ見えた。

泊まった目的は他に2つ。ひとつはその後のチャバネフユエダシャクの様子を知りたかった。14時前後に観察したら、産卵をしていた。写真や動画も撮った。

もうひとつの目的は、川。一応行ったが、ほとんど時間がなく、しかも急に冷たい空気になって雨が降り始めたため、断念。セグロセキレイをちょっと撮っただけだった。向こうにトビが飛んでいたが。

日没直前、富士山はなんとか撮れた。

1日

実家近くの街路樹で、昼下がりにチャバネフユエダシャクのメスを見る。初見。夜にもう一度見に行ったら、産卵をしているようだった。

2011年12月

31日

朝7時過ぎに出社。歩きながら見た富士山は朝日を浴びてオレンジがかっていてきれいだった。写真を撮りたかった。

30日

いまいち、デザインが決まらない…。タイトルも気に入らない…。

深夜に初めてBK1で本を頼んだ。なんと、午後にはもう届いた。アマゾンでもここまでは早くないぞ。すごい。

夜、B公園へ行く。冬尺蛾のメスを初めて見る。同定に苦労したが、クロスジフユエダシャクのようだ。他にはハートマークがトレードマークのエサキモンキツノカメムシを見た。


混沌の間>日々の記憶録>2012年1月

初回更新:2011-12-30 (金) 07:57:44
最終更新:2012-05-25 (金) 16:34:28
a:869 t:2 y:1