日々の記憶録

自然観察を中心に日々の出来事を簡単につづっていきます。その日に撮った写真を自然観撮アルバムの方に載せてあることがあります。よろしければそちらもご覧ください。

2012年10月

21日以後

最新の日々の記憶録の過去の記憶録からたどってください。

20日

一日仕事。朝の富士山は、昨日とはまるで違いうっすらとしか見えなかった。

早く帰ってくるはずがフジテレビのドラマ『高校入試』もちょっと遅刻するくらいだった。

通勤読書は、なし。

19日

晴れたー。久しぶりに富士山見えたと思ったら、まっしろー

あっちとこっちどっちにしようか、本当はどっちがしたいのか迷いつつ午前中が終わる。本当にしたいことは身体を休めることだったらしい。そういえば、ここ数日テンションが高くて睡眠時間が少ないのだった。

14時近くには西の方にだけ雲が出てきて、さすがに富士山見えなくなった。

結局B公園はやめて、電車に乗って立ち読みだけに行った。本を買うつもりだったが、カードを持っていき忘れたと勘違いしていて、実は持っていたのだが。『欲望のマーケティング』を行きの電車で読み終える。

17時過ぎの日没前後の富士山を狙って家に帰ってきたのだが、西側だけ雲に覆われていて、夕焼けもあまりできていなかった。残念。

18日

風呂で3時間ちょっと、それと行きの電車で30分近く寝ただけ。明日は休みだからがんばる。

15時半はまだ曇っているだけだったが、夜にはしかし、この雨…。明日の休みはお出かけしたいのに。

通勤読書は『欲望のマーケティング』。あとほんのちょっとで終わり。

17日

あんまり寝てない~。仕事も詰まってきたー。

通勤読書は『欲望のマーケティング』。

16日

目覚めて空を見上げたときは、層雲で一面雲かと思った。新聞の天気予報を見ると一日晴れ。あれ?と思って屋上に上がると、1階から見える南側(と見えないが西)に雲があっただけで、北の空は晴れていた。その南の空も出勤時には雲が切れてきた。秋の空は変化が多くて楽しい

早く仕事に行くはずが、職場到着時刻にまだ家にいるという衝撃。しかし、それでも本屋に寄る。そして、『「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ』を買って通勤電車で読む。あとは「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれを読んでくれ。あれこれしながら感想を書き上げたのは4時半直前だった。

15日

警戒していたはずなのに、風呂で寝たー。4時間近く。一度5時50分くらいに目が開き、風呂出たのは6時21分。パジャマに着替えていったん屋上に出てみた。

ああ、きっと今朝の日の出前は美しい光景だったに違いない。今だって、やや黄金気味の雲。西に目をやると富士山がうっすら見えた。しかし、写真は撮らずに、10時に目覚ましかけてまた寝た。

目覚めて、すぐ屋上へ。目が開ききらず、西の方に富士山が見えるのか見えないのかよくわからない。雲はほとんどない。巻層雲が実はうっすら出ているのかな?とも思う。しかし、いかんせんちゃんと目が開いていない。

今日はなんとなくカメラを持たずに出勤。撮る暇もないと見た。

夕方17時15分、ほぼ日没直後のはず、ふと職場の窓から西を見ると、うわぉぉぉ、層積雲(たぶん)が半分ピンクに染まり、見事。見える範囲が狭いのでどこまで広がっているのかはわからないが、この美しさは先月24日の明け方に次ぐもの。思わず、近くにいたヒト全員呼んで、分かち合った。

通勤読書は『愛の億万長者』。再読完了まだあとわずか。この本、かなりいい。

14日

和室で目覚めたのは4時直前。日の出まであと1時間もない、起きてるか、と完全に寝ぼけてた。屋上に上がると、ほぼ真南にオリオン座が美しい。真冬に比べて風がなく、なにより寒くないので、観察はしやすいが、撮影は自粛した。

いろいろやっているうちに、本当に夜明けが近くなるので再度屋上へ。おっと、今日は久しぶりに美しい朝だ。もう少し早く上がった方が良かったとちょっと後悔。束の間のピンクショーだった。桃色に染まっていない雲は低層雲でどんどん私に近づいてきた。積雲なのか層積雲なのかといったところ。

一度寝た。今度は布団で。クミゴンが10時半にたたき起こしてくれなければ、アウトだった。もともと10時半をちょっとすぎたころに家を出て行く予定だったが、なんとか日曜特別業務には間に合った。ちゃんとひげそって、シャワー浴びて、朝食とって(パンを除く)、ネクタイ締めて、ビデオカメラをかばんに入れて、出社してますからね。

その後は予想通りどんどん雲が厚くなっていき、午後には雨も降っていた。デジタル一眼レフカメラを持っていかなかったのは、正解。

通勤読書は『愛の億万長者』。再読。いちいち納得。反発するヒトも多いだろうな、この内容。

13日

目覚めたのは日の出直後だった。すぐに屋上に出る。うーん、この雲だったら、夜明け前は楽しめたかも。起きられなかったのだから仕方ない。富士山も見えた。

出勤前もいかにも秋の空って感じで、そのまま屋上にいたかったよ。巻雲や巻積雲が見えた。最近かばんに忍ばせているのはコンデジのSP-565UZだが、今日はE-620に標準レンズ(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)をつけて出勤。

予感的中!16時半ごろ、空には、それはそれは見事なうろこ雲。この高積雲は空の大部分を覆っていた。魚眼レンズでないと入りきらないほど。遅いお昼ご飯を食べてつけ麺屋を出たその30分後には、もう高積雲ではなくなっていた。

※もしかしてあれは高積雲ではなくて、層積雲なのかもしれないとちょっと思い始めた。

通勤読書は『たった1通で人を動かすメールの仕掛け』。ほぼ読み終わったか。

15時ごろから体調悪し。帰りには何かのコンサートとぶつかり、えらい電車が混んでいたので2本見送り、各駅停車で帰った。

12日

有給とって仕事休み。8日にも休んだばかりなので、ありがたみがすくないが、とにかくやりたいことを非計画的にやると昨日の夜からそこだけ計画を立てていた。

昨日は座椅子でダウンしたのが26時ごろか?今朝目覚めたのは5時過ぎ。この文章を書きながら、3時間ちょっとしか寝ていなかったと気づく(笑)。

目覚めて屋上に出ると、月と金星が仲良くあっかる~い。真南にも明るい星が見える。もしやと思って調べたら、シリウスだった。シリウス、こんな高い位置に(と言っても低いが)輝くんだっけとちょっと意外。朝焼けきれいかもとちょっと期待。半分雲に覆われているが、すでに一部赤っぽくなっている。

日の出時刻を調べると5時45分ごろ。あと20分というところで屋上に再度上がると、すっかり明るく、もうシリウスは雲に隠れたせいかもしれないが、見えない。朝焼けは期待薄。いつでもきれいに見られるわけではないのだなあ。それでも、積雲と層積雲の混ざったような東の雲は朝日を浴びてちょっとした芸術になってた。写真には入りきらなかったが。

どのタイミングでB公園に行こうかとしているうちにどんどん時間はたち、ハードディスクのバックアップをしている途中で寝た。1時間くらい?

目覚めてから再びバックアップを。12時ちょい前に屋上に出ると、雲が増えている。太陽の方を見ると、なんとハロができている。ハロを見るのは初めてではないが、写真を撮るようになってからは初めてだ。太陽を隠すものがないので、自分の左手でグーを作って、撮影。悪くないかも。

手を伸ばしてグーを作ると大体その角度は10度と言われている。手を伸ばしきっていたか忘れたが、まあこれは22度ハロでよいことになろう。

グーは試撮りのつもりだったので、外に出て電信柱を利用しつつ撮影することを考える。まん丸のものが近くになくて、うちの目の前ではなくもう一つとなりの電柱を使ってみた。いまいちだな。何より自分がまぶしい。

雲のカタログ』に車の窓を使うと良いと書いてあったので、近くに止まっている車を利用しようとするも、車に向かってカメラを構えると、下手をすると家の中を撮るようにもなり、完全不審者(笑)。あきらめた。

そのあと着替えてから、A川へ。目的はアサギマダラ。10月の上旬になれば、例年ならばA川に行けば、必ずミズヒマワリのところに来ているアサギマダラを見られるのだが、今年は2回チャレンジしてまだない。

今年は昨年に引き続き虫が少ないと言ううわさだが、それを裏付けているかもしれない。ツマグロヒョウモンはいるが、それも少ない気がしてきてしまう。ヒメアカタテハはむしろ少し多いような気もするが。

アサギマダラはぜんぜん見られず、ついにA川最上流地点まで到達。このあと引き返すかB公園に行くか迷う。B公園に舵を切るそのクズが多い場所で少し観察をすることにする。8日もそうしたところだ。

ここでの狙いはウラナミシジミ。しかし、なかなか見られず、もう行こうとしたそのときに、あ、あれは、と見られた。今年はじめて見たので、すぐにはわからなかった。あっと、あ、あれ、ヤマトシジミじゃないという感じだった。

撮影は困難だった。なかなか止まってくれない。あきらめて他のものを探したり撮ったりしているうちに、次々にウラナミシジミが現れた。それでもあまりいい写真は撮れなかったけど。

この一角だけでけっこう虫がいて、クサギカメムシ終齢幼虫、キタテハ、シモフリスズメ幼虫(しかも2匹いたのに2度目見たときに初めて気づく)、オオカマキリ(オスとメス、しかもメスは出産直後?)、ウラギンシジミのメス、オオアオイトトンボ(ここでは初見)などなどだった。

バッテリーがピンチになってきたので、B公園はやめてやはり帰ることに。

帰りもアサギマダラチャレンジ。家の近くの橋まで来るがやはり見つからない。もうちょっと下流まで行くことにする。

途中、今シーズン初のコガモを見る。コガモか自信が少しなくて(くちばし羽に隠れてるし)、近くにいるカモを見るが、みんなカルガモ。単独でいるはずないが…とよく見ると、その向こうのコンクリートの上にずらりと並んでいた。撮った写真で見るとなんてことはないが、肉眼ではけっこうわかりづらかった。

と、その2分後、あ、ついに見つけた!…と思ったが、よく見るとそれはアオスジアゲハだった。青い部分に鱗粉がないところは同じだからなあ。

工事をしているところで折り返し。失意のまま帰路へ。と、今度こそ、今度こそ、やっと、やっと、アサギマダラ発見!しかし、止まるとあんな鮮やかな色なのに、けっこうわからない。数回撮影中に見失った。

ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影するとどれくらいの写りになるのか知りたかったのもアサギマダラを追いかけた理由の一つだったが、家に帰って見るとまずまずの写りだった。

あ、そうそう、赤トンボは、アキアカネだと思うけど、撮影に邪魔だよというくらいたくさんいた。そこここに飛んでいるのはもちろん、止まっており、警戒心ほとんどないだろ?疲れてんの?というのも少なくなかった。

夕方はこれから本屋に出かけるといって、そのまま和室でダウンしていた。どれくらい寝たんだろう。

夜にご飯食べたあとに念願の立ち読みに行った。どの本を買おうか迷っている。

11日

今日はテレビの天気予報で確認して、夜が雨だったが、また降らなかった。降らない予報が外れても、文句をいう人はあまりいまい。かくして、置き傘はそのままに。

14時40分ごろ、職場近くでまた幻日が見られた。気づいてから数分で消える。ファミレスの前で撮影。コンデジで撮るのはつらい。こんな早い時間帯というのが意外だった。

私としては早い昼ごはんを食べ終わったその約1時間後、またほとんど同じ場所に幻日が見られた。今度は時間がなかったので撮影はしなかった。

夜、鍵閉めの際、ガラスのドアにトリバガがついていることに気づく。がんばって撮影するもフラッシュがきつすぎて、ほとんど白飛びしていた。種類は迷宮入りかな。

家の近くでは、今シーズン初のチャドクガ目撃。大体10月初旬に見るのよね。実は探してた。

通勤読書は『たった1通で人を動かすメールの仕掛け』。

過去の日々の記憶録


混沌の間>日々の記憶録

初回更新:2012-10-12 (金) 23:43:54
最終更新:2012-11-01 (木) 09:28:59
a:695 t:1 y:0