日々の記憶録

自然観察を中心に日々の出来事を簡単につづっていきます。google+ページの自然観撮日記に日付ごとに撮った写真も時間順に並べてあることがあります(更新はけっこう時間差です)。また通勤時間を使っての読書(それが私の読書の大半)についても記録をとってます。2013年より別ページに購入書籍の記録も取りはじめました。

2013年5月

1日以後

最新の日々の記憶録の過去の記憶録から上にたどってください。

2013年4月

30日

通勤読書は『伝説のコピーライティング実践バイブル』。

バイトが体調不良で穴埋めするハメに。これにて連休中の出社決定。仕事が終わらんだろ。

29日

世間は3連休だが、私はここだけが休みだ。朝はゆっくり起きて、結局一日B公園には行かず。

庭で朝ご飯中、黒いアゲハが一瞬来た。ナガサキアゲハだったかも。

昼間に近所を歩いて主に雑草の写真を撮った。外出はそれだけ。

28日

昨夜は仕事の準備をするはずが、ほんのわずかしただけでコタツで寝ていた。そして、早く起きたのでさっさと仕事の準備を片付け、B公園にでも行こうと思ったが、ぜんぜん終わらない!午後からの仕事に行くのに、昼食の時間まで削る始末だった。

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

27日

出かけ間際、発作的に本棚の整理を始める。耐震用のつっかえ棒もやっと設置した。その際、スーツに埃をプリントしてしまった。

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

26日

ほぼ天気予報どおりか。傘は持たなくて正解。雷雨は私がいたところではなかったが、これで雨が降るのか?と思っていたところ、やはり少しだけ降った。

通勤読書は『深く伝える技術』。一日で読了。

25日

最高の観察日和だが、仕事に。自転車で行ったら、途中、なんと思わぬところでアオダイショウを見られた!くわしくは庭の観察記録:あんたが大将!アオダイショウを。

D公園では夏鳥・旅鳥を期待していったのだが、望遠レンズ・双眼鏡はまったく使わず、ほとんど幼虫を撮っていた。

帰りは電車のつもりだったが、なんとなく自転車で。18時過ぎの空は、巻雲が見事だった。標準レンズがなかったのと撮りたかった瞬間はあまりに電線が多かったので撮影は見送った。

24日

天気予報どおりの雨。

通勤読書は『ある広告人の告白』。

仕事から帰ってきたとき(24時10分くらい前)、家の壁にホオズキカメムシがいた。

23日

本社で会議の後、ちょっとだけH公園に寄る。ムラサキハナナはすっかり花の盛りを過ぎ、ちらほら咲いているだけ。ツマキチョウを見たかったがもうここでは遅かったか。しかし、ヒゲナガハナバチのオスを見られた。写真はわずかに撮れただけ。けっこう臆病なのか、落ち着かないのか、撮ろうと思ってからは花に止まらなくなってしまった。

通勤読書は『ある広告人の告白』。

22日

シロバナタンポポの綿毛が開き始めたと思っていたら、開ききる前に、なんとスズメに種子を食われた!隣の家のセイヨウタンポポの種子も食っていた。決定的瞬間も撮った。

通勤読書は『ある広告人の告白』。

まだ気温の低めな一日。帰りには少し雲もあり、月にかかったり、すっかり見えたりしていた。

21日

一日仕事のハードデイ。朝は雨が降っていたが、昼過ぎにはやんだ。気温は低く、コートを着ていった。

通勤読書は『最強交渉人が使っている一瞬で心を動かす技術』。

帰りの夜道、空気が澄んでいて月も星もきれいだった。北斗七星がよく見えた。

20日

昨日の夜の天気予報では2月下旬並みの寒さになるとのこと。確かに夕方には雨が降っており、気温は予報どおり朝よりも夜の方が下がっていた。これが2月下旬並みとは思えないが。

通勤読書は『最強交渉人が使っている一瞬で心を動かす技術』『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』。休憩中には、『究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル』も読んだ。

19日

朝もはよから研修。昼過ぎ、H公園に寄った。気温が低くて残念。暖かければツマキチョウも見られたと思うのだが。

通勤読書は『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか 第2版』。職場に置いてきた。

18日

せっかくの休みで、ついに念願の暖かい日だが、出かける気力もなく、ツバメの巣がいつもの場所にあるかカメラと双眼鏡を持って歩いて出かけただけだった。

ちなみにツバメの巣はできていたが、親鳥は見なかった。雛も特に見えず。この前図書館に行ったのは4日のはずで、そのときは巣もなかったから、この2週間で出来たことだけは間違いない。

17日

風がすごく強い。

出勤するときに、ナミアゲハが飛んでいるのを見た。屋根より高いところだったので最初わかりづらかったが、姿かたち、色合い、多分そうだろう、キアゲハでなければ。そのあと、L家の生垣で以前見たのとは別のアカボシゴマダラの幼虫を見た。小さめ。

通勤読書は『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか 第2版』。

24時10分ごろ帰ってきて、そのまま懐中電灯を持って庭へ。アリはもちろん歩いてた。トウキョウヒメハンミョウの幼虫が夜にも活動していることを初めて(多分)知る。小さめのダンゴムシがあまりに多く驚く。他に、小さな甲虫、ゴミムシ系?が複数いた。

16日

昨夜の目標、「今日こそ、今日こそ、布団で寝る。それもぐっすり。私ならできる! 」達成。早くにたたき起こされたが。

今日は維持でもゆっくり出社すると決めており、これも達成。昨日より気温は低いみたいで、期待していた庭に飛んで来る虫、あまりこない。

お、蜘蛛の糸、と思ったら、自分が食べている納豆だった。朝ごはんは庭で観察しながら立ち食い。

食べ終わってから庭でトウキョウヒメハンミョウの幼虫の巣、発見♪今年初。毎日こまめにチェックしていたわけではないけど。

通勤読書は『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか 第2版』。

15日

庭のモッコウバラが咲き始めた。庭にいろいろな虫が飛んできて面白い。仕事に行きたくなくなる。コマルハナバチと思しきハチが飛んできたが一瞬で行ってしまった。

通勤読書は『伝え方が9割』。

14日

一日仕事。せっかく暖かい日なのに…。

通勤読書は『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか 第2版』。帰りの電車で読んでいる途中、ハバチが本の上に一時お止まりして、びびった。

仕事帰りにはC書店とD書店に寄った。『日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ』ゲットだぜ♪

夜に元気ならばB公園に行こうと思ったが、24時10分前にダウンした。今日こそは布団で寝る予定だったが、コタツでまた寝た。

13日

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

12日

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

11日

寒い。夜ご飯しか外出しなかった。中華食いすぎ。

10日

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

9日

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

8日

通勤読書は『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』。

7日

通勤読書は『人生の法則』。

6日

通勤読書は『人生の法則』。

5日

通勤読書は『人生の法則』。

4日

B公園へ行く。

3日

朝から雨。天気予報どおり昼下がりからは雨はやんだ。

通勤読書は『伝え方が9割』。往復の電車で読了。しかし、どう使うかはこれから、これから。

2日

一日中雨。花粉症的には好い天気。

通勤読書は『その堅苦しい話し方は行きすぎです!』。この中で『日本国語大辞典』を知る。無性に欲しくなる。値段を見て衝撃を受けた。現実的には電子辞書だなあ。

1日

下痢気味だよぉ。おならをすると危ない。午後からどんどん体調はよくなった。

通勤読書は『その堅苦しい話し方は行きすぎです!』。

過去の日々の記憶録

2013年

2012年


混沌の間>日々の記憶録

初回更新:2013-05-25 (土) 18:42:10
最終更新:2013-05-25 (土) 18:44:06
a:724 t:1 y:0