日々の記憶録

自然観察を中心に日々の出来事を簡単につづっていきます。google+ページの自然観撮日記に日付ごとに撮った写真も時間順に並べてあることがあります(更新はけっこう時間差です)。また通勤時間を使っての読書(それが私の読書の大半)についても記録をとってます。2013年より別ページに購入書籍の記録も取りはじめました。2013年9月15日より朝起きた時刻とそのときの室内の温度と湿度、天気の記録も取り始めました(起動専史)。

2014年4月以後

最新の日々の記憶録の過去の記憶録から上にたどってください。

2014年3月

31日

いつも乗る路線ももうひとつの平行路線も電車止まったあ。振り替え乗車で何とか職場に着く。電車が狭く、ストレス高まるぅ。パニックになりながら不十分な準備をしつつ待てど暮らせど、顧客が、顧客が、来ない!別の仕事したけどな。

夜は送別会。

通勤読書は『大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論』。

30日

帰り道、うちの5,6軒先の家の前の道ばたでヒキガエルを見た。雨降ったからね。ビデオを出して写真を撮ろうとしたが、暗いし動くのであきらめた。家に帰って、カメラ持ってすぐとんぼ返りしたが、どこかの家の敷地に入ったらしく、完全に見失った。

通勤読書は『大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論』。

29日

やっと個室で大きな用を足してから出社できた。

通勤読書は『大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論』。

28日

朝、露が降りた模様。富士山見えず、屋上はぬれていて、駐車スペースは乾いている。

あったかい昼下がり。外を歩いていて、猛烈に家に帰りたくなった。そして、気づいた。夜には社員が私しかいない!鍵を閉めるために最後まで残る羽目に。

今シーズン初、帰宅途中、蛾に遭遇。目の前にヒラヒラして、思わずのけぞった。その後、行方を追う。飛んでいる途中にわかった。やはり。マエアカスカシノメイガ。止まるところまで見届けた。

通勤読書はなし。

27日

娘のシャワーが長すぎる。出勤時間が迫ってきて、ヤバイ。

今日はコートを羽織ってみる。

通勤読書はなし。

26日

痛恨の家出る予定時刻に目覚める。それでも仕事間に合った!今日はコートなしで。

しかし、帰りの電車、冷房が入っているのには閉口した。首筋が寒いよ!昨日も効いてたけど。

通勤読書は『カタツムリのごちそうはブロック塀!? 身近な生き物のサイエンス』。

25日

今日はコートはいらなかった。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。読了。いやあ、これは面白い。

24日

朝、ずいぶん日が伸びたなあと思ったら、春分の日を過ぎているのであった。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。

23日

楽天スーパーポイントが2,904円分たまっており、わーい、何の本を買おうかなあと考えた直後、あれ、なんでこんなに増えたんだと思って調べたら、先月、楽天カードで+1260ポイント。100倍使ったということだ。それだけ引かれるのか。メインは定期代の10万超だった。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。

22日

朝はくっきり富士山見えた。

庭にハナアブが飛んできた。いやあ、春だなあ。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。

21日

スッキリ布団で目覚める。仕事は大成功。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。

20日

『ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則』。1年近く前に買ったものだが、改めて目を通してみて、この本の価値を痛感。うまくいった広告だけでなく、うまく行かなかった例もたくさん出ているのがまた良い。

19日

目覚めたときは快晴も西の方は雲が見えていた。出勤時にはすっかり曇り。昨日よりはちょっと気温は低めだったか。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。

18日

引き続き天気予報どおり、暖かい。10時近くには、なんだか外の方があったかいっぽい。春だなあ。コートの裏地を取った。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。これは面白いわ。家に帰ったら、ツイッター、著者にフォローされているので、びびった。

17日

今日も富士山見えるかどうかだが、撮影しなかった。昨日より見え味悪いのは確か。

出勤時、うちの庭にキタテハが来た(庭の観察記録:キタテハキタ)。

通勤読書は『仕事に効く教養としての「世界史」』。これは面白いわ。

16日

朝の富士山、見えるや見えざるやといった感じ。

通勤読書は『伝説のコピーライティング実践バイブル 史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269』。

夢中でDM書いていたら、家に帰ってくるのが20時近くになってしまった。

夜ご飯の前にいきなり女優の1日遅れのバースデーケーキ。

15日

朝から富士山シャキーン。真冬のようによく見える。昨日E-M1使ったばかりで、久しぶりにE-620で富士山のぞいたら、くっきり見やすく感動。やっぱり光学ファインダーはええ。

通勤読書は『「勇気」の科学 一歩踏み出すための集中講義』。読了。

仕事帰りに女優への誕生日プレゼントを買った。星新一のショートショート。これなら短くてやつでも読めるだろ。600円もせず安いが、本をプレゼントしたんじゃない。読書へのいざないをプレゼントしたんだ。これは私が考え得る唯一のローリスクハイリターンの投資。

14日

1週間ぶりの休み。晴れると思ったらずうっと曇りで気温もテンションも上がらず。15時過ぎにやっと仕事のための買い物に外出。春なのぉにぃ~♪春なのぉにぃ~♪さみぃよ。

18時半過ぎから90分コースで久々B公園夜の部。キリガ類がたくさん見られた。同定面倒(汗)。冬の蛾・春の蛾。まずまず満足。帰りにもう一度アセビの木をチェックするのを忘れちまった。曇っているし、冷たい風が強く吹いてくるし、こわいし、いつ雨降ってくるかわかんねぇと思って、つい、帰りは急ぐことになったんだよ。

13日

久々の超寝坊。こんなに遅く起きたのは今年初かもという10時15分起き。

雨が降りつつ、すごく暖かくなった。職場は、21時ごろエントランスの外の方のガラスが曇った。

通勤読書は『「勇気」の科学 一歩踏み出すための集中講義』。

12日

天気予報どおり、気温が上がる。確かに昼下がり、コート不要だった。スギ花粉、きたあ。目がかゆくなった。

本社にお呼ばれ。その前にH公園に寄る。早くもムラサキハナナが咲いていた。

通勤読書は『睡眠と脳の科学』『選ばれる理由 どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティング』ともに読了。

11日

スーツのままコタツで寝ており、目覚める。富士山がなんだか毎日のように見える。

通勤読書は『睡眠と脳の科学』。

10日

富士山の見える回数、2月を超えた。

通勤読書は『睡眠と脳の科学』。

9日

またコタツで目覚める。やっぱり富士山見えるよ。

通勤読書は『「勇気」の科学 一歩踏み出すための集中講義』。

行きつけの中国料理屋で家族4人で勇気指数を出してみたが、あまり面白くなかった。

8日

またコタツで目覚める。5時過ぎに。8時の『ごちそうさん』までが長い。

なんだか久しぶりの土曜日ゆっくり出社。気のせいかもしれないけど。

通勤読書は『「勇気」の科学 一歩踏み出すための集中講義』。なんかこの本読むの、勇気がない、勇気をつけたがっている人みたいと思われるそうでちょっといや(笑)。でも、字が大きいので電車用。

7日

インフルエンザ以来の休みも最高気温が真冬並みの7度の天気予報を聞いて、がっくし。それでもいても立ってもいられず、10時過ぎにはおでかけ。その様子は庭の観察:エナガの素材集めを。

帰ってきてからおうちご飯で、すぐに寝てしまった。どうもご飯を食べているころか寝ているときに雪が降ったようだ。

夜もB公園に行くつもりだったが、科族とのタイミングがいまいち合わなかったのと疲れそうだったのと、なにより目がかゆく、これ以上はキケンだと思ったのでやめた。

6日

朝からシャキーンと真冬のように快晴。富士山もくっきり。ただし、強風で雪が舞ってるかも。10時40分でも富士山が見えた。少し雲が出てたけど。

とにかく風が強く、とても寒い一日だった。

通勤読書は『これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義』。

5日

朝は雨だったが、夜にはやんだ。雨が空気中のちりもすべて吸い取って、帰ってきたときには星が綺麗でよく見えた。頭上には北斗七星が輝いていた。これは久しぶりに魚眼レンズの出番かと思ったが結局撮らず。

通勤読書は『これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義』『不変のマーケティング』。DM書いたよ。

4日

朝は南側に層積雲、北は青空で、富士山方面は雲の列だった。しかし、10時40分には富士山の山頂の方が2週間ぶりにかろうじて見えた。

早ければ深夜から雨というような話だったが、21時過ぎには雨が降っていた。ポツポツだけど。

通勤読書は『これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義』。

3日

曇りのち晴れも、なんだか冷え込む。職場は新体制になって、いい感じ。

通勤読書は『トンデモ仮説の世界―まだ9割の人がだまされている』。読みやすいが読まなくても良い本。でもおもしろい。

2日

また雨が降ったりやんだり。行きの電車、アガサ・クリスティの短編を読みふけっていて、乗換駅をすっ飛ばして、遅刻ぎりぎりに(汗)。

通勤読書は『クリスティ短編集(二)新潮文庫』『カリスマは誰でもなれる』。

1日

天気予報どおり、昨日の暖かさはどこへやら。雨が降ったりやんだり。仕事は18時半上がりのはずが、21時近くなっちまったい。でも、仕事は満足。

通勤読書は『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』。読了。これは多くの人にお薦めしたい。

過去の日々の記憶録

2014年

2013年

2012年


混沌の間>日々の記憶録>2014年3月

初回更新:2014-04-14 (月) 06:12:26
最終更新:2014-04-14 (月) 06:14:25
a:524 t:1 y:0