増補改訂新版 日本のきのこ (山渓カラー名鑑)

キノコのカラー写真の図鑑としては、そのボリュームとあいまって、おそらく最強だろう。艶かしいキノコの写真の数々は、見ているだけでも楽しい。

ただし、同定には必ずしも向かない。写真が芸術的過ぎて、リアリティがないのだ。キノコの写真撮影は、動物などと違い、全体にピントを合わせるようにするため、撮影時に絞りを最大にして、その分シャッター速度をゆっくり(数秒)にするので、ヒトの目で見るのと違う仕上がりになる。

カラー版 きのこ図鑑』とセットで持っておきたい。

増補改訂新版について

ウリは最新の分類に直したということで、うむ、それはよい。どこがどう変わったのか比べるために図書館から増補改訂新版を借りてきたが、写真は全部旧版のままのようだ(もちろん、新たに追加されているページも後ろの方にはある)。古い分類と新しい分類の比較表があるのは、まあなければ困るのだが、やはり便利。

しかし、わざわざ買い直す気はしなかった。安くはないからねえ。しかも、定価も上がっている。初めて買う人には、もちろんお勧めのキノコの図鑑だが、わざわざ買い直すのはお金に余裕がある人やとても興味がある人だけだね。迷っている人には、おやめなさい、と私はアドバイスをする。

書籍データ・購入等

楽天ブックスでは、品切れだよ。これだから、楽天ブックスは…。購入はアマゾンからどうぞ…と思っていたら、増補改訂新版が出た。画像は楽天ブックス、文字はアマゾンへのリンクです。

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

観察の7つ道具>各種の図鑑>日本のきのこ (山渓カラー名鑑)

初回更新:2011-09-12 (月) 07:57:58
最終更新:2012-09-10 (月) 14:51:47
a:2292 t:1 y:0