あらまし〜混沌の間のもろもろについて

目次

混沌の間にまつわるもろもろのことについてまとめました(他のいくつかのページ同様、まだ作りかけのところが多々あります)。よく聞かれること、たまに聞かれること、注意してほしいこと、知っておいてほしいこと、知っておいたほうが得なこと、などなどです。混沌の間がはじめての人も、はじめてでない人も、なにかあったら、なにかなくても以下の項目を参照してみてください。

混沌の間について

読み方は「こんとんのま」です。他の読み方も出来なくはありませんが、これ以外は不可です。あきらめて下さい。
ホームページ作りは、なんとなくちょっとやってみるかという程度の気持ちではじめました。 (いつになるかわからないけど、必ず、つづく)

カウンタについて

カウンタが読めないという声をしばしば耳にします。目にします。実は作った私自身、一部読めません(笑)。どうも7と8の区別を忘れてしまいます(笑)。 以下が順に0から9です。
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
カウンタがいくつか確認するのに、表紙からいちいちここにくるのは面倒でしょうから、読める数字になるまで、気が済むまでリロードして下さい。また、ブラウザによっては、画像のところにマウスポインタをもっていくと、そのカウンタの番号が現れます。
きりのいいカウンタ、おもしろい並びのカウンタなどだったら、ぜひ画像を取り込んでメールで送って下さい。とあるページで飾ります。画像の取り込み方がわからない人は、画像の取り込みについてを参照して下さい。

ブラウザついて

2000年11月23日現在、ブラウザはInternet Explorer Version 4.72.3612.1713 更新バージョンSP2;3283だけを使っています。つい数日前までNetscape Navigator Version 4.7 [ja] -19990909も混沌の間の画面の表示、JavaScriptの動作確認に使っていましたが、Netscape6のインストールがうまくいかず、NN4を消せばうまくいくのだろうかと試している過程で消してしまいました。
その後、四苦八苦、七転八倒したあげく、やっとのことで20世紀中にNetscape 6をインストールできました。使ってみると重いです。重すぎです、うちの環境では。次の項目と関連しますが、スタイルシートについてはIEよりも対応しているので、画面のチェックに一応使っています。私にはメインではとても使えませんね。
上の文章を書いて以来、月日は流れ、現在は2004年12月3日午前0時1分です。現在私がメインで使用しているブラウザは、Internet Explorer Version:6.0.2900.2180.xpsp_sp2_rtm.040803-2148です(なんでこんな長いの!)。HTMLの文法はAnother HTML-lint gatewayでちょくちょくチェックしているので、混沌の間(の特に新しいページ)は、さほどブラウザには影響されないつくりにはなっているはずです。

スタイルシートについて

インターネットをはじめてホームページを見るようになり、何より許せなかったのは、行間が空いていないことです。画像がメインのアダルトページならまだしも、文字を本当に読ませるつもりがあるのか?というくらいぎっしりのページばかり。なんとかならないのかこれはと常々思っていて、めぐりあったのがスタイルシート(Cascading Style Sheet)です。
混沌の間では、ほとんどのページでスタイルシートを使っています。スタイルシートでもっとも問題なのは、ブラウザ側がきちんと対応していないということです。ここで理想と現実がぶつかり合います。特にひどいブラウザはIE3とNN4です。ともに対応が中途半端で、致命的なバグだらけです。いろいろ試したあげくの結論として、この両者は切り捨てることにしました。IE3はアクセス解析を見ても混沌の間にやってくる人は極めて少ない(絶滅?)ので良しとします。NN4についてはスタイルシートをオフにできるので、いくつかのページで表示が乱れた場合は、そうしてください。殺風景になりますが、画像が文章を覆い隠してしまったり、データを送るためのボタンが表示されないよりはずっとましです。
以前はNN4でもなんとか表示できるように頑張ってきましたが、そのための労力が全く割に合わない(新しいページを作るより、NN4でそれなりに表示させられるようにする方が時間がかかってしまう)ので、断腸の思いとともに、はらわたが煮えくり返るほどの怒りをもってNN4とはさようならすることにしました。繰り返しますが、ネットスケープのVer4ではスタイルシートをオフにすればきちんと必要なものはすべて表示されます。混沌の間がネスケ4に対応していないわけではありません。
ところで、このスタイルシート、最初は行間を空けるためだけに使っていたようなものなので、初期に作ったページは使い方がかなりいい加減です。HTMLとの関連についてくわしく学びはじめたのは、確か2000年6月頃からなので、それ以前に作ったページおよび以前からあるページを踏襲したものは中途半端な変な使い方がほとんどです。古いところについては、気が向いたときにできる範囲で順次直していこうと思っていますが、永遠に終らない気がします。それよりも新しいページを作る方を優先していきますから。

画像の取り込みについて

いろいろな方法があると思いますが、ここでは、実際に私が行っている方法を紹介します。Windows95以降に対応しています。他のOS(Macなど)については、使ったことがないのでわかりません。あしからず。
次のような手順になります。
  1. 以下のふたつのフリーソフト(無料で使えるソフト)を手に入れる。
    • すくりん
    • IrfanView
  2. すくりんを用いて、画像を取り込み、BMP形式で保存。
  3. IrfanViewを用いて、BMP形式をGIF形式に変換。
ふたつのソフトはともに、窓の杜ソフトライブラリで手に入ります。それぞれ、キャプチャー画像表示からダウンロードできます。
すくりんはシンプルな作りなので、いろいろ試すうちに、使い方の基本はわかると思います。(^_^; いろいろ遊んでみましょう。必ず使えるようになるはずです。画像の保存の際、かならずBMP(ビットマップ)形式で保存して下さい。JPEG(ジェイペグ)形式にすると、文字がにじみます。
さて、これで必要最小限の処理は終りなのですが、ファイルがBMP形式では容量が大きく、メールで送受信する際など時間がかかって大変です。そこで、GIF形式に変換します。
IrfanViewを起動して、保存したファイルを開きます。その際、ファイルの種類をBMPにするか、all filesにしてください。そうしないと、保存したファイルが見つかりません。
ファイルを開いたら、今度はfileメニューのSave asから別名保存します。このとき、ファイルの種類を(*.GIF) compuserve GIFとします。これでGIF形式として保存されます。GIF形式は256色までなので、画像の質が落ちることがありますが、IrfanViewではほとんどわかりません。また、たまにとんでもない色になって変換されることがあります。その場合は、もう一度BMPのファイルを開き直して、imageメニューのDecrease color depthを選択して、256色に減色します。するときれいに256色に変換してくれます。操作性の良さ、スピードとともにこの減色の性能が良いところがIrfanViewをおすすめする理由です!
以上で画像の取り込みに必要な手順は終了です。

リンクに関して

リンクに関してはリンクについてのページをご覧ください。

クッキーについて

クッキーは、ぜひ「受け入れる」にしておいてください。いくつかのページで、クッキーを使用しています。クッキーを無効にするといくつかのページで遊べません。クッキーを利用するとアクセスした人の訪問履歴などを調べられるそうですが、混沌の間ではクッキーを利用してそのようなプライバシーに触れることは一切していません。安心して、クッキーを食べて下さい。毒は入っていませんから。なお、ここの文章の意味がさっぱりわからない人は、そのままでよいです。

JavaScriptについて

混沌の間ではいくつかのページでJavaScriptを利用しています。ちょっとしたことから、あっと驚く(?)お遊びページ、また、本質的にJavaScript抜きには意味をなさないところもあります。

プロバイダについて

現在私が契約しているメインのプロバイダはスピード・インターネットです。年間定額12,000円(+消費税)で、メールアカウント2つ、ホームページ容量50MBです。テレホーダイタイムでもまったくというほどリダイヤルなくかかり、回線速度も快適です(※)。おそらく唯一の難点は、有限会社であり、いつつぶれるのかわからないこと!・・・別に経営がまずいとか、そういうことは聞いていません。あくまで私の予想です。それは今までの自分のプロバイダ遍歴と今後のこの業界の動向を漠然と考えてのことです。
※ ここ数ヶ月(現在は2001年5月)、テレホーダイタイムの混沌の間の置いてあるサーバー(おそらくCGI用のもの)はかなり重いです。
なんて話も、今は昔。スピード・インターネットは経営危機もあり、すったもんだあったのが2001年の秋くらいだったでしょうか。結局その後1年は契約を延長したものの、サーバーのデータがすっ飛んでも何の連絡も告知も詫びもない不誠実さに業を煮やして、見捨てることにしました。そして、決意してから即実行。2002年10月2日にhttp://konton.cside.com/へ混沌の間を引っ越しました。これはレンタルサーバーでシーサイドネットというところで、インターネットの接続サービスはやっていません。契約当初は有限会社でしたが、2004年3月7日から株式会社になっていました。低価格、高品質で大変満足しています。 スピード・インターネットのほうはプロバイダとしての契約は残っているので、接続には使えましたが、それも家の引っ越しとともにYahoo!BBに切り替え、パソコンもデスクトップからノートへと移行しました。それが2002年の12月くらいからです。一度ADSLに慣れてしまうと、もうダイヤルアップの接続には戻れません。そして、現在(2004年12月3日)に至ります。
私のプロバイダ・レンタルサーバ遍歴は、以下のようになっています。
  1. アスキー・インターネットフリーウェイ(1996年11月?〜1997年12月?)
  2. ISNET(1997年11月〜2000年7月)
  3. スピード・インターネット(2000年4月〜2003年6月?)
  4. ZERO(2000年7月〜2001年4月)
  5. シーサイドネット(2002年10月〜現在)
  6. Yahoo!BB(2002年12月〜現在)
1996年(平成8年)ごろは、インターネットはとても金がかかると漠然と思っていたので、興味がないわけではありませんでしたが、手を出すつもりは毛頭ありませんでした。それがのなか家に遊びにいった際、年会費・接続費無料の1のプロバイダ(オプションでメールアカウント1つ月200円)を教えてもらい、インターネットをはじめてみることにしました。そこはホームページを作ることはできませんでしたが、自分で作るつもりもなかったのでそれで十分でした。専用の広告の縦長の小窓が出るのは、無料の代償なのでうっとうしいながらも、そこそこ満足していました。が、いつごろかは忘れましたが、突然サービス終了のお知らせが届き、次なるプロバイダを探さねばならなくなりました。確か採算があわないから打ち切りだったと思います。ASCII自体がインターネット事業から撤退とかなんとかではなかったかな・・・?事実はどうあれ、私はそういうイメージを今でも持っています。
さて、次のプロバイダ探しは、利用者が実際に評価を下しているページにあたりました。URLなどはすっかり忘れています。そもそも未だにそのページがあるかもわかりません。とにかく、その評価ページで、安く、評価の良いところを基準に選びました。「入会金5,000円で、接続料は定額月1,000円、1回線15人以下を保証、メールアカウント1つ、ホームページ容量2MB」で、これ以上ないというような条件でした。他の条件として、「週1回程度広告のメールが届く」というのがありましたが、実際はほとんど広告は来ませんでした。入会した当時は有限会社でしたが、1年くらいしたら株式会社になっていました。またホームページ容量も会員へのアンケートの実施結果を受けて途中から5MBになりました。
契約した当時は、CGIって何?CGの親戚?SSIって何?でしたが、いざホームページ作りをはじめてみると、なんて素晴らしいプロバイダにあたったんだろうと、感謝したものです。サポートもしっかりしていました。回線がつながりにくくなり、ちょっといい加減にしてよと我慢の限界にくるころ、クレームのメールを出したり、あるいは出そうとしていたりすると、ちょうど回線増設のお知らせがきて、つながりやすくなるということも何度かありました。こんな繰り返しで採算あうのかなあというほのかな不安はやがて的中し、ダイヤルアップ接続(およびレンタルサーバー)のサービス終了の通知が来ました(涙)。大筋では非常に気に入っていたプロバイダだったので、本当に残念でした。運営会社の(株)インターサーブは今でも存続しており、発展を願ってやみません。ちなみに、メールアドレスは存続させてくれていて、今でもこちらをメインに使っています。
さて、困りました。同じレベルで私を満足させてくれるプロバイダが他にあるのでしょうか?
「1ヶ月1,000円程度で、ホームページ容量5MB以上、CGI、SSIがともに使用可能。もちろん回線速度は快適で、リダイヤルもあまりない」
かなりきびしい条件です。ありました。あっぱくに教えてもらったPOWER GATEで検索したら、ありました。それがここスピード・インターネットです。快適です。その名のとおり、回線速度は十分速いです。リダイヤルもほとんどありません。
混沌の間の引っ越し直前に、信じられないことに混沌の間の容量は5MBをオーバーしていました(小さいファイルがたくさんあり、またCGIのデータが意外と多いため)。それが一気にその10倍までOKになったのでほんとに助かりました。開設したホームページ内にチャットを置くことが禁止なので、旧混沌の間からチャットだけは引っ越しを断念しましたが、それ以外はすべて持ってくることができました。
リンク先のファイルを読もうとしてサーバー内に存在しないと、多くのプロバイダでは「Not Found」というエラーメッセージを出すなどの設定をしていますが、ここはちょっと違います。一瞬エラーメッセージを表示して、すぐにスピード・インターネットのトップページに飛んでいってしまいます。(~.~) もしもそのような現象に遭遇したら、掲示板メールで教えて下さい。ちなみに以下のリンク先に飛ぼうとするといま述べたような現象が起きます。
このようなリンク先は存在しません
試しにやってみてもいいです。すぐに、あるいは契約したら、戻ってきてくださいね。別ウィンドウを開いて試すのがいいかも。
混沌の間のなかには、別のサーバーを使った混乱の間があります。以前、広告が出る無料のホームページ(たしか容量は20MBか30MB)を使って作成していましたが、更新をしなかったせいか、いつの間にか消えていました。そこに登場したのがZEROでした。新聞の連日の一面広告で知りました。年会費500円(初年度無料)で1ヶ月150時間以内なら無料というのはおいしすぎます。1日平均5時間、毎日使いつづけるというのは、私にはなかなか至難の業のように思えます。なにか落とし穴があるのではないかと疑ったくらいです。広告やオプションサービスでやっていくということですが、本当にやっていけるのでしょうか。それはともかく、回線スピード、つながりやすさ、やはり快適です。だから本当に大丈夫かなと思ってしまうのですが・・・。セカンドプロバイダとして、とても便利だと思います。せっかくホームページ容量もあるので(確か5MB)、混乱の間はここで作ることにしました。めでたし、めでたし。
しかし、現在契約している2つのプロバイダ、本当に大丈夫なのでしょうか。あまりこの先長くないだろうなというのが、あくまで私の予想です。そんな暗い予想はよそう、なんてつまらないことを口に出すのをぐっとこらえるのでした。
なんてことを思っていたら、案の定、ZEROの方は2001年5月から有料になり、解約することになりました。それでもコースや使い方によってはけっこう安いので、解約するのはやめようかなあと思いましたが、おそらく、ZEROは多くの人に失望を与えたでしょう。こういうところとはつきあわない方がいいかなあという漠然とした判断のもとに、やはり解約しました。そのため、混乱の間も現在なくなっています。
そして、すでに書いたようにスピード・インターネットともお別れしました。次はYahoo!BBがいつまで持つかですねぇ(苦笑)。ダイエー球団の買収もほぼ決まりそうで、ソフトバンクは本当に大丈夫なのでしょうか?

N&M何でも屋さんについて

N&M何でも屋さんのアクセスランキングに参加しています。おかげさまで1年以上3位以内に入り続け、毎週図書券をいただいています。これは自分ひとりの力ではなく、アクセスしてくれる皆さまあってのことです。そこで、感謝の意を込めて、いただいた図書券はプレゼントにまわしています。くわしくは皮算用プレゼントのページをご覧下さい。
と、上の文章ももはや過去のことで、ランキングは2003年の春ごろに終了しました。さらに、N&M何でも屋さん自身が2004年11月にLucky Dip!としてリニューアルしました。2004年12月2日現在、混沌の間のあちこちにはN&M何でも屋さんへのリンクがはってあります。また、プレゼントのページも残してあります。今後どうするかはまだ決めていません。
混沌の間